意外と知らない? TinderをPCで使うメリット・デメリット

スマホアプリのtinderは、pcでも利用することが可能です。

TinderをPCで使うことのメリット4つ

1.誤タップが少ない

キーボードを使って操作をすることにより、誤ってスーパーライクをすることがありません。

スマートフォンのアプリでは誤ってタップし、スーパーライクをしたことがる人もいるでしょう。

しかしキーボードで操作する場合は、スペースキーを押さなければスーパーライクはできません。

よほどの限り誤ってスーパーライクをする可能性は低いので、安心してtinderを使うことができます。

2.プロフィールを同時に見れる

メッセージを打つときもアプリにはないメリットがあり、それはプロフィールを隣に表示させられることです。

肉球

アプリ版だと、メッセージの入力欄とプロフィール画面を同時表示できないので、登録してることを聞いてしまうことがあるって…

マスター

そうそう。でもpc版なら、メッセージの入力欄の隣に相手のプロフィールを表示可能なんよ。

自己紹介に書いていることを改めて聞くことはありませんし、職業や趣味を見て話題を広げることもできるでしょう。

プロフィールを参考にしてメッセージを相手に送れば、興味を持ってもらえる可能性は高まります。

3.相手の選別が素早く行える

pcで利用するメリットの一つは、LIKEやNOPEの振り分けを素早くできることです。

スマートフォンのアプリでも、LIKEやNOPEは左右のスワイプで簡単にできます。

しかしpc版だと、キーボードを使うことが可能です。

LIKEやNOPEを左右の方向キーで選べば良いので、スマートフォンのアプリよりも高速かつ楽にできます。

肉球

たくさんの相手を素早くLIKEやNOPEに振り分けたいときには便利っすね!!!!

4.容量の心配がない

アプリ版では問題になる容量の心配がないのは、大きなメリットです。

Webブラウザを使ってtinderは利用するので、すでに自宅などにネット回線を引いている人なら通信料金の心配はありません。

アプリだと頻繁に使っていると速度制限に引っかかり、使いたいときに使えない可能性も出てきます。

そうした心配が一切なくなるのは、スマートフォンのアプリを積極的に使わない理由になるでしょう。

TinderをPCで使うデメリット2つ

1.PCで使うと恥ずかしい


デメリットとしては、tinderの画面が大きなモニターに表示されることです。

大きな画面に表示されるのは見やすくなる一方で、他人に覗き見られる可能性も高まります。

恋活や婚活のために利用しているサイトの画面を他人に見られるのは、恥ずかしく感じる人が多いでしょう。

2.履歴が見られる可能性がある

また家族で共用しているpcでtinderを利用すると、ブラウザの履歴やCookieからバレる可能性もあります。

ログインしたままだとサイトにアクセスしてメッセージの内容を見られる可能性もあるので、手元で操作できて他人に触られることが少ないスマートフォンよりも、プライバシーの面ではデメリットです。

しかしこれらのデメリットは、注意をすれば簡単に解消可能です。

「ボスが来た」モードを使えば解決:

例えば利用する場所を自宅の自分の部屋だけにしておけば、他人や家族に画面を見られる可能性は低くなります。

また万が一急に家族が室内に入ってきても、tinderにはボスが来たモードが用意されています。

ボスが来たモードとは、ワンクリックで画面を偽装できる機能のことです。

左上のアイコンを押せば、一瞬で画面は文章作成ソフト風に切り替わります。

このモードを活用すれば、画面を見られても仕事や勉強をしているように振る舞うことができるでしょう。

利用するのも自分専用のpcだけにしておけば、履歴やCookieからバレる可能性は減ります。

マスター

プライバシーの対策だけしておけば、スマートフォンのアプリより便利や。