Tinderで顔写真を載せたくない! 顔写真は載せなくていい?

Tinderはマッチングアプリとして非常に便利な機能を豊富に揃えています。
Facebookと連携し様々な情報を提供することができるほか、位置情報を利用することで出会うことができる可能性が非常に高くなるのです。

また最近ではInstagramと連携することで様々な写真などを相手に見せることもでき、非常に便利なツールとなっています。

Tinderで顔写真を載せたくない心理

しかし出会い系のような要素を持っていることから自分のプライバシーを必要以上に相手にさらしたくないと言う人も多く、顔写真を相手に見せたくないと言う人も少なくありません。

従来のマッチングアプリでは顔写真をアバターにしたり、自分のイメージを動物に変えて掲載するといった方法で表示することもできますが、FacebookやInstagramと連携している場合にはこの情報がそのままTinderに反映されてしまうため、顔写真などを隠す事はできない仕組みになっているのです。

InstagramやFacebookは見る人に自分の近況を伝えることが主なテーマであるため、効果的に写真などを利用して掲載することが大きなポイントです。そのため顔写真などを掲載することが非常に多いのですが、マッチングアプリの場合には様々な目的に流用されてしまったり、相手に自分のプライバシーを晒してしまうことでこれらが悪い影響を与えてしまうことも多いため注意が必要となります。

さらに位置情報も連携していることから写真を掲載してしまうと近くの利用者がすぐに気づいてしまうと言うこともあり、トラブルの原因となることも少なくありません。そのため特定の人だけに顔写真を公開したり、あるいは実際に会ったことのある人だけに公開したいと言う人も多いのです。

連携を解除すれば写真が載らない

一般的なマッチングアプリではアバターを使うことも多いのですが、TinderはInstagramやFacebookの情報と連携してしまうためこれらの表示を止めることができないと考えている人も多いのですが、実はこれらの連携は必ずしも必須ではなく、必要に応じて解除することができるのがTinderの特徴となっています。この場合にはTinderに直接様々な写真を掲載することで独立してアプリとして動作することができるため、FacebookやInstagramに写真が掲載されていてもこれを連携して表示することを防ぐことができるようになっているのです。

連携を切っておけば身バレが防げる

InstagramやFacebookと連携する事は非常に利便性の高い効果を生み出すと考えられますが、その反面様々なプライバシーの保護の問題に影響してしまうことも少なくありません。InstagramやFacebookを利用し様々な情報を公開している人の中にはTinderを利用していることを知られたくないと言う人も多く、独立した存在として様々な情報を発信したい場合も少なくありません。

しかしこれらのものが連携してしまうとお互いにそのアカウントを知られてしまうことになり、マッチングアプリで知り合った相手から突然InstagramやFacebookにアクセスをされてしまうと言うことも発生するのです。そのため様々な写真をマッチングアプリで知り合った相手に閲覧されてしまうことになり、プライバシーを知られてしまうことになるため注意をしなければなりません。

マッチングアプリで必要以上にプライバシーを知られてしまう事はトラブルの要因となることが多いものです。必要な情報を様々なアプリで連携させる事は非常に効率の良い情報発信をすることができることにつながりますが、必要以上に連携をする事はトラブルの原因となってしまうため、顔写真等の扱いは十分に注意をすることが必要です。