Tinderでライクされやすい写真・顔写真とは?

マッチングアプリのTinderでプロフィール写真はとっても重要。

人は見た目が9割なんて言葉もありますが、出会いを求めている人が集まる場所で、プロフィール写真でまず判断されることが多いのは当たり前ですよね。

しかもTinderはスワイプ画面に大きく映るのはプロフィール写真。

第1印象=プロフィール写真。右にスワイプされるか左にいくかはあなたの写真選びのセンスにかかっています。

今回はTinderでライクされやすい写真・顔写真の特徴をお届け。男性も女性も参考になる情報がたくさん詰まってますよ。

 

ライクされやすいおススメ写真ポイント

1枚目は顔写真にする!

これは大前提。Tinderのプロフィール写真には複数の写真を設定できます。その中でも一枚目に来る写真は風景の写真、食べ物の写真、ペットの写真いろいろありますが、出会いを求めているなら自分の顔写真を出したほうがライクされやすいです。

だってどんな人かが伝わりやすいですから。二枚目以降は趣味の写真にしてもいいですが、一番人目につく一枚目の写真はあなたの顔がわかる写真にしましょう。

その時、「履歴書の証明写真のように表情がない写真」「後ろ姿しか写っていない(顔がわからない写真)」「モノクロ画像」などはNGです。

顔の特徴であなたがどんな人なのかを伝えられる写真にしましょう。といっても具体的にイメージがわかないと思うので、これから顔写真のポイントを詳しく説明していきますね。

画像が粗くない写真

まず、しっかりはっきり顔が写っている写真を。ピンボケしてるなんてもってのほかです。どんな表情をしているのかが鮮明にわかる写真を選びましょう。

一人で写っている写真

友達や家族など、ほかの人と写っていると「誰が本人?」と相手に余計な迷いを与えてしまいます。

仮にマッチングして実際に会うことになったときに、「え、そっち人だったの?!」と写真に一緒に写っている人と自分を勘違いされていたら悲惨です。

笑顔がいちばん!

なんといっても人の一番いい表情というのは笑顔。おもいっきり楽しそうな笑顔でも、しっとり微笑んでいる笑顔でも、とにかくライクされやすいのは笑顔のプロフィール写真です。

色鮮やかで明るい写真

いわゆるインスタ映えしそうな写真ですね。モノクロよりも、いくつもの色が使われていたり明るい雰囲気の写真のほうが人はひかれやすいです。画像加工アプリをつかえば色味の薄い写真でも明るくしたり鮮やかさを増したり好きなように調整できるので便利ですよ。

ビーチリゾートで撮影した写真

これは女性におすすめ。海がきれいなところで撮影したものだと、開放的な雰囲気に加えて明るく見えるのでライクされやすい傾向があります。

横顔

顔出しって言われても、ルックスに自信ないよ!!という方には横顔の写真がおすすめ。角度によっては正面から撮影するよりもずっと魅力的に見えます。

真横からではなく、ななめ45度などの角度から撮影すると写りが良くなるのだとか。

鼻筋やあごの形など、それぞれに綺麗に見える横顔の角度があるので自分にベストな角度を探してみるといいでしょう。

小さい頃の写真

ルックスも正面も横も自信ない!!という方は思い切って小さい頃の写真を使うのはいかがでしょう。

もちろんベストは現在のあなたの写真ですが、小さい頃の写真ならなんとなく今の顔の面影が残っているはず。

また、「こども=かわいい」という先入観は大体みんな持っているので、第一印象がマイルドになる効果もあります。また、将来の姿をポジティブに想像してもらいやすい傾向があります。

プロフィール写真をきっかけに小さい頃の話題づくりにもなるかもしれませんね。

自信のある部位を強調した写真

異性がおもわず「ドキっ!」となってしまうような自慢の部位をお持ちの方はそれを武器にしない手はありません。

例えば筋肉、大きな瞳、長いまつげなどなど…。

工夫次第で異性の目にとまりやすくなります。ただしやりすぎは自己満だと思われるので注意。

万人受けするメイク・髪型・服装の写真

最近の流行を取り入れた外見は万人受けするのでライクされやすいです。垢ぬけた印象にもなりますね。特に若い世代は流行ファッションに敏感な人が多いので、どんどん取り入れるといいでしょう。

これはやめたほうがいい!NG写真

良いプロフィール写真の例をたくさん挙げてきましたが、次はライクされないプロフィール写真の例を紹介します。

センスのいい写真っていわれてもわからない!と戸惑う方でも、これだけはやっちゃダメ!というラインを知っておけばひどいプロフィール写真にはならないでしょう。

一枚しかないプロフィール写真

これは論外です。あなたの人柄が伝わりにくいのでもったいないです!最低でも2枚以上設定しましょう。

集合写真から切り取った写真

これだと画像が粗くなってしまうので、印象が良くありません。また誰と映っているんだろう?と気になる人もいます。万が一元カノ・元カレとの写真を切り取って使ってしまったら相手が引いてしまうかもしれません。

キメすぎフェイス

「俺かっこいいだろ?」「私かわいいでしょ」と自信がギラギラ伝わってくる写真というのはひかれてしまう場合も多いです。人によると思いますが自然な笑顔が一番受けるので、あきらかにカメラを意識した写真はやめたほうがいいでしょう。

過度に加工した写真

今はいろんな画像加工アプリがあるので、目を大きくしたり肌をきれいにしたり、時には体系まで整える便利な機能がたくさんありますが、だからといって本人と全く似てないほど加工しすぎはNG。実際にあったときに「詐欺じゃん!」って言われてしまったらマッチングした意味がありません。加工しなくても魅力は伝わりますよ。

数年前のイケてた時の写真

例えば30代なのに10代の頃の写真を使うなど。当時とあまり変わっていないならいいのですが、実際に会ったら髪型も体系も顔も別人!なんてことになったら相手はショックを受けるでしょうし、嘘をつかれていたことに怒ってしまうかもしれません。

極力今の自分の写真をつかいましょう。あるいは、絶対に今とは違うだろうとわかる写真(幼少期の写真)がいいですね。

マチュピチュとウユニ塩湖

これはよくあるプロフィール写真です。か自分にとってはけがえのない思い出であっても、相手からするとどうでもいい場合が多いです。興味があるのは綺麗な風景ではなくてあなたの顔なので。顔が小さくてよく見えない写真は2枚目3枚目に設定しましょう。

Tinderでライクされやすいプロフィール写真まとめ

とにかくはっきり自分の顔がうつっていることが大前提です。あなたらしさが伝わるとなおいいですね。自分なりのベストを探して、あとは自分からライクしまくりましょう。

最後に、Tinderでプロフィール写真を変更する方法を紹介しておきますね。

おまけ:Tinderのプロフィール写真変更方法

1、Tinderアプリのメニューのプロフィール部分をクリック

2、右上のEddietボタンをクリック

3、変更したい写真をクリック

4、右上のEddietボタンをクック

5、写真を選択

もともとマッチングしにくいと噂のTinder。すこしでもマッチ率を上げるためにプロフィール写真は慎重に選びましょう。