Tinderでスーパーライクが見れない?確認方法を解説

Tinderで「スーパーライクされたけど、アプリを起動しても見れない」ことが多々あるようです。

これって実はとってももったいないこと!

でもよく起きるエラーだそうなので、今回はTinderでスーパーライクが見れない時の見方・確認方法をお伝えします。

スーパーライクとは?

そもそもスーパーライクってなんでしょう?

これは青い星のマークで、気になった異性に対して好意を知らせることができるものです。

あなたが誰かにスーパーライクされると、マッチ率が約3倍に上がり、マッチングしやすくなるといわれています。ちなみに、緑のハートマーク「ライク」との違いですが、

ライク:ライクされたことが確認できない

スーパーライク:スーパーライクされたことが確認できる

つまりスーパーライクはエフェクトや通知で確認できるのですね。

緑のハート「ライク」のように回数無制限ではなく「1日〇回まで」という回数上限があるので、ある程度絞って相手に送る必要があります。無料版ならスーパーライクできるのは1日1回までです。

スーパーライクの効果

回数制限のあるスーパーライク。

つまり誰にでもホイホイ遅れるわけじゃありません。

Tinderでスーパーライクされたら、ほかの人より好感度が高いというサイン!

スーパーライクされたら通知がきます。

「明るい青のフッターと星マーク」でプロフィールが表示されて、誰があなたにスーパーライクしたのかがわかる仕組みになっています。もし自分も好みの相手だったら相手にライクし返せばマッチングが成立します。これがマッチ率が高くなる原因ですね。かつ、はじめから好感度が高いので、やりとりの継続率も70%増えるそうですよ。

スーパーライクが見れない???

とても便利なスーパーライク。

でも、にスーパーライクされたら通知で確認できるのが普通ですが、ときには通知がこなかったり、エラーで青い星が見れない場合もあるそうです。

せっかく出会いのチャンスがあるのに、見逃すなんてもったいない!

不具合が起きたときはどのように対処すればいいのでしょう?

とにかくLIKE・NOPEしてみる

まず、とにかくスワイプしまくることをおススメします。

右に左に、誰でもいいのでLIKEとNOPEを繰り返しましょう。

しばらく数人をスワイプしていると、プロフィールに「明るい青のフッターと星マーク」で目立つ異性のページが表示されるはずです。そうしたらすぐにわかりますね。あなたにスーパーライクした異性です。噂によれば2人目から6人目までには出てくるのだそう。結構早いですね。

仮に通知を見逃したり、不具合で通知が来なかった場合でもアプリ内で確認することができます。

何も考えずスワイプしていたら、スーパーライクされていたことが判明した、ということもあり得ますね。

 

ログイン・ログアウトしてみる

それでも確認できない時は、Tinderをいったんログアウトしましょう。そして再度ログインすることで不具合を解消できる場合が多いです。

ただし、電話番号でログインしている人がSMSを送信する必要があります。

ログアウトのやり方は以下の通り。

1、左上の人マークをタップ

2、設定をタップ

3、一番下にあるログアウトをタップ

4、Facebookか電話番号でログイン

この再ログイン方法は、ほかのエラーの時にも使えるので活用してみてください。

Tinderでスーパーライクが確認できない時のまとめ

スーパーライクをされたけど見れない・確認できない時の対処法をまとめました。

そもそもTinderでマッチングするのは、ほかのマッチングアプリと比べてとても難しいともいわれていますので、せっかくスーパーライクはマッチ率が約3倍に上がる・メッセージ継続率が70%も増える機能があるのであれば、見逃さないようにしたいですね。