タメ口・下ネタはNG? 女性に聞いたTinderでもらったら嬉しいメッセージとは?

実際のアンケートを元に、Tinderで「男性からもらったら嬉しいメッセージは?」ということについて調査してみました。

それではさっそくどうぞ。

Tinderでもらって嬉しいメッセージ

ユーモアがあって、思わず笑ってしまうメッセージが理想です。実際にもらったメッセージの中で、「こんにちは!明日晴れたら返信ください!」とメッセージを受けた時は、オリジナリティがあって面白かったです。(20代女性)

「プロフィールを読んでお互いの趣味が合うと思ってメッセージしました!」というメッセージをくれる男性は、私のプロフィールをしっかり読んでくれていると思って好印象です。(20代女性)

共通の趣味があってそれが付け焼き刃ではなく、理解しあえるだろうなと感じるメッセージだと信用できますし気になります(30代女性)

下心丸出しのきもい男が多い中、ジェントルマンでスマートにお誘いをしてほしい。
カフェとか美術館とか素敵なサンデーブランチ、コンサートなど。(30代女性)

私がプロフィールにピアノ演奏が趣味だと明記しているので、同じ趣味の人がその事について、メッセージをくれた時は嬉しかったです。
(30代女性)

「自然な感じで友達になりたいです」というようなライトなメッセージが嬉しかったです。他はガツガツし過ぎでした。(30代女性)

Tinderは結構遊び人っぽい人が多いので、ちゃんとした文章が来ると嬉しいです。あと、会えそうな感じが伝わる文章だと返信したくなります。可愛いと思いましたので、仲良くなってもらえませんか?ご飯にいきたいです!というのが丁寧かつシンプルですがよかったです。(30代位女性)

ダイエットをしていて体型に悩んでいることを話したら、「毎日、お互いに筋トレの報告し合おうよ!」と一緒にがんばろうというメッセージを貰えたので嬉しかったです。(20代女性)

「Tinderはそんなに使わないorやめるので別のSNSで繋がりませんか」というメッセージは、ここで関係を終わりにせずわざわざほかの場所で繋がってまで話したいと思ってくれているのかと思い嬉しかったです。(20代女性)

逆にNGなメッセージとは?

Tinderで送るべきメッセージはわかりました。

それでは逆に「こんなメッセージはNG」というパターンも紹介します。

いきなり自慢話しをする

正直、女性としては男性の過去の自慢話しなんてどうでもいいです。

今現在頑張っていることや、もしくは共通の趣味で共感できることに関する自慢(同じ趣味をすごいレベルで極めてる)などだったらまだよし。

しかし一方的に仕事の自慢ばかりしても、女性は上面の共感だけしかしてくれないでしょう。

下ネタを話す

Tinderはカジュアルなマッチングアプリなので、下ネタを話しすぎると「ヤリモクかな?」と疑われます。

下ネタは会ってお互いお酒が回った段階で話すくらいならいいですが、いきなりテキストで送られてもドン引きされるのがオチです。

硬めに話す

カジュアルなマッチングアプリなので、フランクに話すほうがベター。

馴れ馴れしすぎるのはよくないですが、「敬語じゃなくていいですか?」など前置きをしてタメ口に切り替えていきましょう。

女性側としても、「お見合いじゃないんだからそんな堅苦しく話さなくても」と感じる人が多いようです。

それぞれの女性によって嬉しいメッセージは違う

結論として、それぞれの女性が「どんなメッセージをもらったら嬉しいのか」考えてメッセージを送ること。

これがなかなか難しいんですよね。

やり方としては、プロフィールを読み込む⇒自分の知識があって話せそうなところを突っ込んで見る⇒話を広げてデートに誘うといったプロセスが理想でしょう。

いきなり連絡先を聞いてしまう行為は嫌がられる場合が多いので、気をつけたほうが良いですね。