ライクされやすいプロフィールの書き方とは? マッチングするプロフィール文を徹底調査!

Tinderで全然ライクされなくて悩んでいませんか?

かくいう自分も最初は全然ライクを貰えず,Tinderはクソだといじけていました。

しかし、いろいろ工夫することで格段にLIKEがもらえる回数が増えてきたので、その方法・コツをシェアしたいと思います。

 

イケメンや美女じゃないとライクされないと思っていましたが,逆の立場に立ってみたとき,別にそんなことないですよね。

プロフィールの内容に惹かれてライクすることだってあるはずです。

でも、意外にみんなプロフィールは適当だったりするんですよ。

これってぶっちゃけ、美味しい!

プロフィールをちゃんと書くだけでマッチング率を上げることができるので,今回は筆者が実際にライクされるようになったプロフィールの書き方を,みなさんにお教えしたいと思います。

写真・プロフィールどちらをこだわるべきか

男性に比べて女性は気になった人のプロフィールを熟読する傾向があります。

そのため、
写真:プロフィール=4:6前後の割合でプロフィールが重要です。

もし「プロフィールが手抜きだった」「写真が適当だった」という人は今一度見直してみてください。

どちらもマッチングを高めるには欠かせない要素となっているので、気を抜けないですね。

具体的にプロフィール文を300〜500文字くらいしっかり書くことで、マッチング率が2倍は変わります。

前提:以下の条件を満たす

  1. 写真は3枚以上にする
  2. 顔写真は最低1枚設定する
  3. 自己紹介文は300文字以上書く

1.写真は3枚以上にする

写真が少ないと、写真が多い人よりもマッチング率が下がってしまいます。

写真1枚よりも写真3枚のほうがマッチング率8倍という調査もあるので、なるべく3枚は登録しておきたいところ。

これは写真が1枚しかないと、「奇跡の1枚を載せたんじゃないか」「もっと違うショットをみたい」「全身が写った写真がみたい」などのニーズを満たせないため。

あなたも、気になった女の子の画像はくまなくチェックしていたりしませんか? それと同じで、女の子側もさまざまなシチュエーションの写真を載せてあげることで安心してLIKEしてくれるようになりますよ。

写真が少ない人はまず、違うシチュエーションで写った写真を3枚用意することから始めてみましょう。

2.顔写真は最低1枚設定する

顔写真がないと、当たり前ですけどその人の雰囲気が伝わらないですよね。

ちゃんと会うことをゴールとするなら、顔写真をちゃんと載せるべきです。

しっかり顔が写ってるのは怖いな…という場合には、最低限ぼかしたり雰囲気だけ伝わる写真だけでもOK.

要は雰囲気が伝わればいいので、ブサメンで自信がない人でも写真加工アプリで明るくするなどイメージをよくすれば大丈夫ですよ。

3.自己紹介文は300文字以上書く

先ほども書きましたが、最低300文字書くことで「しっかりした人だな」「よくあなたのことが分かる」と思ってもらえますよ。

女子は男性と比べてプロフィールまでしっかり読み込む傾向があるので、ここでライバルと差をつけておきたいところ。

書くべきこととしては、

  • 仕事内容(どれくらいお金を稼いでいるのか女の子は知りたい)
  • 肩書(学歴・東証一部上場企業など)
  • どんな女の子と出会いたいか
  • 趣味・アピールポイント

といったことを中心に書いていきたいですね。

意外と抜けがちなのが「どんな女の子と出会いたいか」というところ。遊び目的なら気軽に遊びに行ける人、セフレがほしいならしっかり書いたほうが目的の人から反応をもらえますよ。

もちろん写真がブサメンでセフレ募集! とか書いていても確率は低いでしょうが、写真を工夫することで可能性は上がります。

プロフィールがよく読まれるテクニック

多少盛る

これです。これに限る。
手っ取り早くライクを得るには,やはりこれしかないでしょう。

しかし,注意してほしいのですが出会いを目的にしているアプリである以上盛り過ぎは自らを破滅に導きます。

誤差の範囲で盛りましょう。例えば身長などは+2,3cmくらいだったらオッケーです。そんなもん誤差の範囲なので。

実際にワンチャン会うことになったとき,「お前プロフィールと違うじゃん。」って言われても誤魔化せる範囲で盛りましょう。

趣味を具体的に書く

当たり前だろ、と思うでしょう。でもこれちゃんと書けてますか。
趣味、読書などとか書いちゃってませんか?

いいんですよ,趣味は読書でも。でももっと具体的に書きましょう。

どの作者が好きだの,どんな作品が好きだということを大々的にアピールしましょう。
このアーティストが好きだ!みたいなね。

当たり前のことですが,具体的に書くことはとっても重要なんです。
具体的に書けば書くほどいいと思います。これはマジです。

プロフィールが長すぎるのもよくない

趣味を具体的に書くほどいい,とか言っちゃったばかりですけど長すぎるのもナンセンスです。
TwitterなどのSNSでもそうですが,長すぎるプロフィールは読むの面倒くさいですよね。

3~4行がベスト,それより多いとウッワ長・・・ってなりませんか?

単語の羅列はよくない

単語の羅列は読みやすいように見えて、読み飛ばししてしまいがちです。

むしろ、もっと1つの趣味について掘り下げて書いたほうが反応がよさげ。

一番自分が好きなハマっている趣味について、詳しく書いておくのがおすすめですね。

一番好きな趣味に共感してくれる人が、メッセージをくれるようになりますよ。

LIKEされやすいプロフィールの例文

友だちと酔った勢いで始めてみました。

気軽に飲める友だちから、仲良くなれたら彼氏彼女の関係もありかなって思ってます。

 
クシュって感じで笑う子がタイプです!
 
★LIKE
バスケ、英語、洋ロック、日本酒

気軽に絡んでください

Tinderを始めた理由が友だちとノリで、って感じで書いてます。

「ぶっちゃけいやらしい目的じゃないの?」と女子に思われないため、うまい感じで誤魔化してますね。

仲良くなれたらってところかポイントで、まずはハードルを低く気軽に会いやすいように設定しています。

Tinderは海外志向の女子も多いため、英語ができるとポイント高いですよ。

裏ワザでバーコード登録しておくのもあり

Tinderでスワイプしているとたまに、プロフィールに直でLINEのバーコードを登録してる女子に遭遇しますよね。

あれを真似してやっちゃおうという作戦です。

まだ直接LINEに登録してくれた人はいないですが、いろいろ実験して成果が出た情報に関しては追記していきます!

「ここに書いてあることをやったけどマッチングしない…」という場合には、Tinderでマッチしない理由のページも読んでみてください。