Tinder、ポイボーイ(Poiboy)、シルク(SIRK)でママ活に使えるのは?

ママ活として使えるアプリが3つあります。

  • Tinder(ティンダー)
  • ポイボーイ
  • シルク

このうち、どれが一番ママ活に使えるでしょうか?

Tinderはママに使える?

Tinderの評価
ママ活の専門アプリではないため、ママ活しやすいとは言えない。しかし利用者数が多いアプリだけあって、ママ活することはできる。

Tinderはママ活アプリというわけではありませんが、さまざまな目的を持った男女が集まります。そこでママ活したい男性・女性にとってもマッチングすることができるため使えるサイト(アプリとなっています。

Tinderにはパパ活目的で利用する女性もおり、同様にママ活したい男性もいるということですね。

ここで問題となってくるのは、それぞれ目的が異なった男女がマッチングしてしまうこと。たとえばパパ活したいのにママ活男子とマッチングしてしまったら、お互いにとって時間の無駄となってしまうでしょう。

このようにTinderでのママ活は目当てのままにめぐりあうのが大変なので、ママ活に適したアプリを使うことで回避してみてください。

▼ママが多いと評判の出会い系アプリ

ワクワク 出会いアプリで運命の人とマッチング

ワクワク 出会いアプリで運命の人とマッチング

WAKUPL,Inc.無料posted withアプリーチ

ポイボーイはママに使える?

Poiboyの評価
ママ活の専門アプリではなく、さらにママ活が2018年11月から禁止された。ママ活には適さないアプリ

ポイボーイはママ活が禁止されています。そこでママ活しようとすると運営からBANされるようになってしまいました(2018年11月)。

今まではママ活できていたのに、突然禁止されてしまったのはブランドイメージが傷つくといったマイナス面があると思われます。

いずれにせよ今までママ活できていたポイボーイがママ活禁止になってしまったため、他のマッチング系・出会い系アプリで代用するしかないでしょう。

もしくは、こっそりポイボーイでママ活する手も考えられますが、運営に見つかった場合には対処されてしまうことになるので、これまでよりもリスクが高いということになります。

シルクはママに使える?

SIRKの評価
ママ活の専門アプリのため、ママ活したい男女に一番おすすめ。しかしリリース前のため情報が少ない。

シルクは2018年夏リリース予定のママ活専用アプリでしたが、2018年11月現在も一般公開されていません。

しかし2018年10月に「事前登録」が開始されたため、間もなく一般公開されるのではないかと思われます。

シルクはママ活専門アプリとなっているため、ママ活には一番適したアプリだと言えるでしょう。

しかし登録者が増えるかどうかは始まってみないとわからないため、ママ活が成功するかは未知数のアプリだといえます。

>> シルク(SIRK)公式サイト

ママ活に適したサイト(アプリを使おう)

ママ活専用アプリというのは多く出ていない中で、現状では出会い系アプリの掲示板を利用する方法が比較的ママ活できるという結論です。

会員数が多けえればそれだけママ活候補が見つかりますし、プロフィールを工夫したり相場を確かめてママ活を成功させましょう。

ママ活の相場

ママ活したい男性のほうが多いといった要因から、パパ活と比較して相場が安くなっています。

具体的に1時間4,000円~7,000円ほど。2時間で1,5万円もらえれば御の字でしょう。

それだけ競争率が高くなっているので、まずママを捕まえるのが難しいといった声が上がっています。

ママ活するプロフィール

出会い系アプリを使う場合、金銭的に困っていることは書いてもOKです。

しかし「ママになってほしい」などと書いてしまうと通報からのアカウント凍結リスクがありますので、ツイッターと同様に慎重に使いましょう。

プロフィール年齢は20歳~21歳、学生、顔写真がイケメンなどであればママ活でママにウケやすいプロフィールとなりますよ。